畳生活のメリット

古来より親しんできた「畳」。日本の風土に根付いた畳のよさが数多くあります。
またきちんとしたお手入れをすれば寿命にも大きな差が出てきます。きちんとしたお手入れで末永くご愛用下さい。

1.夏涼しくて、冬は暖かい

畳を構成しているイ草と稲ワラ。イ草はスポンジ状の構造、稲ワラは空洞になっており、どちらも空気をたくさん含んでいます。この空気の熱を伝えにくいという特徴により、畳は断熱性と保温性に優れており、夏は涼しく冬は暖かいという快適さをつくりだします。

2.日本の風土にあった住宅材料

イ草のスポンジ部分が湿気を吸収し、稲ワラの空洞部分が湿気を放出することにより、畳は呼吸しています。この吸収湿生によって、畳1枚で約50ccの水分を吸収し、空気が乾燥すると適度に放出して部屋の湿度を調整します。まさに畳は高温多湿の日本の気候風土にあった最高の住宅材料といえます。

3.適度な弾力性で人にやさしい床材

畳表、畳床に使われている稲ワラともにたくさんの空気がつまっており、特に稲ワラはワラを圧縮しており、かた過ぎず、やわらか過ぎないという適度な弾力性があります。畳は赤ちゃんやお年寄りにも安全で人にやさしい床材です。もちろん、建材床も同様です。

4.燃えにくい畳(難焼性)

畳床の材料の1つの稲ワラは圧縮してつくっていることから燃えにくい性質をもっています。また、適度な湿気を含んでいるので燃えにくいのです。万が一燃えることがあっても、一気に燃えるのではなく、くすぶる程度です。建材床は難燃性です。

5.畳は空気を浄化する

畳表のイ草には、人の健康によくない二酸化炭素を収着する性質があります。東京大学工学部の西村研究室の研究では、ふすま紙や障子紙と比べても畳表が最も早い結果になりました。畳はお部屋の空気をきれいにする機能まで持っています。

6.音を吸い込む畳

畳床は空気をたくさん含んでいますが、この空気が音を吸い込む吸音効果をもっています。フローリングなどでは問題になる音も、畳では問題になることはそう多くありません。

7.畳はとっても長生き

正しい手入れをしていれば畳は長持ちします。表面の畳表が傷ついたり色焼けしても、畳表を張り替えるだけで、まったく新しい畳のようなフレッシュな気分になります。とても経済的な床材です。

 
ルームアート企画へのお問い合わせはこちらから
箕面:072-724-0212 〒562-0013 箕面市坊島1-2-2佐藤ビル
伊丹:072-764-5226 〒664-0832 伊丹市下河原3-5-18

賃貸住宅のオーナー様へ リフォームのご相談承ります。